氣鍼医術症例ブログ〜難経69難本治法の実践日記(はてな版)

脉診流「気鍼医術」創始者で臨床40年、福島弘道先生の直弟子である葛野玄庵による症例ブログです

葛根湯の飲み方も脉締でわかる♪

こんな記事を見つけました。

スマートウォッチの普及により、自分の血圧や心拍数に意識的になる機会が増えたのではないでしょうか。

 

※定期的に通って来られている患者さん、この数週間、甲状腺の腫れが葛野代表より指摘されていました。ご本人はまったく自覚がないのですが、脉の速さが気になるとのこと。不勉強ゆえ知りませんでしたが、脉は甲状腺機能亢進症を反映するのですね。

 

さて、スマートウォッチよりもっと便利なものがあります。

 

それは 脉締(みゃくてい)

 

スマートウォッチのように電池も要りません、必要なのは示指、中指、薬指の3本の指だけです。

 

前出の記事のように心拍数をみることを習慣にするくらいなら、脉状までわかるようになれば健康管理にもっと役立ちます。

f:id:kishin-ijutsu:20190322063831j:plain

最近は三寒四温でお天気が読みにくいですね。うっかり読み間違えて薄着をしてしまい、寒さに震えていたら、そんなに寒いっておかしいで、風邪はいったんちゃうか?脉みたか?と言われ、遅まきながらみてみますと、あらあら、しっかりと数脉ではないですか!ゾクゾクと寒気がするわけではなかったので、風邪が入っているとは思わなかったのです。

 

今すぐ飲みなさい、と葛根湯を渡され飲みました。10分後、脉みてみ、と言われみてみたら。

 

ら。

 

なんと、なんと、風邪の数脉がしっかりと落ち着い平脉に近ずいているではないですか!!恥ずかしながら葛根湯がこうも効くとは思ってなかったのでびっくりです。

 

もっかい飲み、ともう1袋渡されました。そしてまた10分後、検脉したら。

 

ら。

 

すっかり脉締してます!!!!風邪は封じ込めることができたようです。

 

葛根湯の即効性にも驚かされましたが、脉でこうも体調がわかるのか、と今更ながら脉締の有効性を思い知らされました。

 

という私も、脉がちゃんとわかっているかと言われたらまだまだです。

 

でも、前後の変化のほどはわかります。変化をわかるためにも、普段から自分の脉をみることは習慣化しておきたいものですね♪

 

 

文責:サイト管理人C

 

最後までお読みくださりありがとうございます

にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ 

↑クリックしていただけると励みになります♪

 

www.kishin-ijutsu.com