氣鍼医術症例ブログ〜難経69難本治法の実践日記(はてな版)

脉診流「気鍼医術」創始者で臨床40年、福島弘道先生の直弟子である葛野玄庵による症例ブログです

目にみえる補瀉

さ、彦摩呂の口調でみなさんご一緒に。

研修生デーはネタの宝石箱や!

f:id:kishin-ijutsu:20181023065921p:plain 

恒例、葛野先生の体を使ってあんなことやこんなことをさせていただけるありがたい機会、今日は子午ですか?氣鍼ですか?ナイトウ式ですか?なんでもしますよ♪と思っていたら。

 

ら。

 

左の踵が痛くて、肩こりがひどい。とにかくしんどくて、お腹の調子も悪い。お酒をおいしく飲める体に戻して。

 

ごふっ(吐血音

 

そんな難しい症状!お酒のおいしいバーならいくらでもご案内できるのですが!!

f:id:kishin-ijutsu:20190119093315p:plain

左の踵ならば、まずは子午。内側なので脾経か肝経か悩ましいところです。悩む暇があったらさっさとやれよ、ってことですが、

 

が。

 

左右をちゃんと見比べて

 

そう言われて初めて右足をまったく見ていなかったことに気づきました。右とは比べ物にならないくらい腫れあがっています。私のへっぽこ子午でこれがどうにかなるとは思えません(すでに戦線離脱。

※実はこの腫れには恐ろしい原因がありました。いずれご報告の機会があるかと。

 

本治はまだ難しくてできんわな、養生でいこう、お腹に置鍼してその間に足にお灸

 

どこに置鍼するのか、腹氣鍼診断でつかう診断5穴の虚実をみます。最近は鍼を使うことなく、もっぱら指鍼です。

指のNSを調べ、Nの指を使います。脉が大きくなれば実、小さくなれば虚です。

 

膀胱の診断穴である気海に反応があったので、気海に置鍼、その上からホットパックで温め、三陰交と足三里にお灸をしました。

 

途中、その都度、脉は確認しています。幸い、悪くはなっていません(なぜ幸いかというと、まだきちんとコントロールする力がないからです!!たまたまうまくいっている、という程度です。

 

座位になっていただき、肩こりは督脉病症として対処します。デルマトームを考えますが、頚椎のどこを触るかは脉締で判断します。後方検脉です。

督脈にそって氣鍼を施します、そしてナイトウ式。

 私にできることはもうありません。これで終わりかな、と思っていたら。

 

ら。

 

阿是穴もちゃんと見て

 

はいはい、そうでした。”見る”という行為をついおろそかにしてしまいがちです。

 

右の腰のあたりが左に比べて腫れていました。触るとやや熱をおびています。

 

右は実、左は虚、氣鍼にて右を瀉して左を補しましたところ。

 

ろ。

 

その場で右の腫れが取れました!!

 

この即効力、患者さんには説得力のあるものとなるでしょう。

 

楽になったわ、これで治療代5000円とれるで、と言われたので、それならば、と葛野先生から5000円を強奪したのでありました(嘘。

f:id:kishin-ijutsu:20190119094843p:plain

さー、踵の腫れの正体はいったいなんだったんでしょうね!!

 

 

最後までお読みくださりありがとうございます

にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

↑クリックしていただけると励みになります

 

www.kishin-ijutsu.com