氣鍼医術症例ブログ〜難経69難本治法の実践日記(はてな版)

脉診流「気鍼医術」創始者で臨床40年、福島弘道先生の直弟子である葛野玄庵による症例ブログです

いつでもどこでも子午鍼法♪

これ、なーんだ?

f:id:kishin-ijutsu:20181031060922j:plain

MacBookです(違。

いえ、違いません(どっちやねん!

MacBookは確かに写ってますが、MacBookの上に乗っかっているものの正体、それは

f:id:kishin-ijutsu:20181031061101j:plain

 鍼でしたー♪

私事ですがただいま旅先でして、旅先での体調不良対策として鍼を携行してきたわけです。

こんな風に書くとまるですごい腕があるみたいですが、いかんせんツボを全部覚えていないというダメっぷりなんで、アンチョコもお供しておりますw

f:id:kishin-ijutsu:20181031061342j:plain

ツボすら憶えていないダメ子の私が鍼で一体何をするというのか。

子午ですよー、子午鍼法。だって気になる箇所の拮抗経絡を触るだけで症状が霧消しちゃうんですもの。

今朝も左上腕心経のあたりが痛んだので、心経の拮抗経絡である胆経に狙いを定めました。えーっと、肝経の郄穴はなんだっけ、とアンチョコを覗くあたりがダメ子の証ですね!えーと、外丘ですね、外丘に鍼を当てます。

 

待て!鍼を置く前にやるべきことがあるだろう、ダメ子!!

 

そう、検脉です。子午をする前に脉の確認です。ダメをもっと指摘するならば、体調が悪いと感じた時点で脉を見るべきなのですよね。検脉が当たり前に身についていないという爆証です。

 

中脉よりやや浮き、革(ほんとかよ!!

 

右外丘に押手します、補ってからまた検脉です。んー、あまり変化無いかも。左の外丘も試してみます。んー、変化ないかも。変化がわからない場合に見直すべきもの、それは押手。

 

再度、右外丘に鍼を起きます、押手はしっかりと。補ってのち検脉です。

 

締まったー(激嬉。

 

締まるとは何か、これが氣鍼医術独自の脉締(みゃくてい)という概念です。一穴一鍼ごとの検脉、脉締を確認して良脉にすることが氣鍼医術の治療目標です。

 

え?腕の痛みですか?もちろん無くなってますよ♪

 

こんなに簡単に治っちゃうとかえって胡散臭さを醸し出すかもしれませんが、子午鍼法はその後、奇経、腹氣鍼と連携して本治法に繋がっていきます。子午だけで定まらない症例はいくらでもあります。

 

ツボさえ憶えていないダメ子にもできる、再現性・即効性に富んだ子午鍼法、臨床の場で腕を発揮されている治療家の皆様がやらない意味がわからない!!

 

 

11/18は子午鍼法実践講座を開催いたします。

 

最後までお読みくださりありがとうございます

にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

↑クリックしていただけると励みになります

 

www.kishin-ijutsu.com