氣鍼医術症例ブログ〜難経69難本治法の実践日記(はてな版)

脉診流「気鍼医術」創始者で臨床40年、福島弘道先生の直弟子である葛野玄庵による症例ブログです

子午鍼法は「刺さない鍼」です♪

金鍼をいただきました!

f:id:kishin-ijutsu:20181026084104j:plain

鍼をくださったのは 天満橋鍼灸整骨院 の西先生です。

f:id:kishin-ijutsu:20181026084948j:plain

西先生、ありがとうございます!腕が足りない分は道具で補え、ってことですよねw

 

猫に小判とならぬよう、豚に真珠とならぬよう、小判や真珠にふさわしい腕となるように精進いたします! 

 

この金鍼、先が丸くなってるのおわかりでしょうか?

f:id:kishin-ijutsu:20181026085100j:plain

普通の鍼と比べたら、先が尖っていないのがお分りいただけるかと。

f:id:kishin-ijutsu:20181026085246j:plain

尖がっていないので、刺さりません。これは「刺さない」子午鍼法で用いられる鍼なのです。

 

もちろん普通の鍼も使用しますが、より子午鍼方に適した鍼なのです。

 

氣鍼医術は

微鍼をもって皮膚にやさしく語りかけるがごとく経穴上空』から、もしくは『極く浅く接触・刺入』し、経絡における『氣』の補瀉調整をおこない病苦を除去する『極浅し刺の鍼灸術』

です。滅多やたらとブスブス刺しません。

 

そもそも氣鍼とは

人体を衛る気を常に意識し、上皮の厚さ、まぶたの薄さを考慮しながらの微妙で繊細なはり治療

です。まぶたの薄さとは解剖学的には0.06〜0.09ミリです。この微妙な操作にブスブス刺すことは必要ないのです。っつか、むしろ邪魔?

 

また、鍼灸にあまり馴染みのない患者さんの、刺されると痛いのでは?という恐怖は想像以上です。刺さない鍼というのは、患者さんの不安を大いに軽減してくれますね。

 

従来の子午鍼法から時間の要素を取り払った、拮抗経絡でのみ診断できる簡単明瞭な子午鍼法、ぜひ皆様の治療にお役立てくださいませ。

 

文責:氣鍼医術サイト管理人C

 

 

11/18は子午鍼法実践講座を開催いたします。

 

最後までお読みくださりありがとうございます

にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

↑クリックしていただけると励みになります

 

www.kishin-ijutsu.com