氣鍼医術症例ブログ〜難経69難本治法の実践日記(はてな版)

脉診流「気鍼医術」創始者で臨床40年、福島弘道先生の直弟子である葛野玄庵による症例ブログです

風邪ひいちゃいました〜難経69難本治法の出番です

36歳 主婦

 

経過・主訴  

3日前から喉が気になりだし、昨日から喉痛に加え鼻水・鼻詰まり、両方の上歯が浮いて顎がおかしい。

f:id:kishin-ijutsu:20181004075319j:plain

脉状


やや数、浮いて革を帯びている。

風邪にして微熱の脉状。

 

腹気鍼診断


気海・中脘が脉締。

巨闕・下脘がやや革脉。

f:id:kishin-ijutsu:20181004075354j:plain

奇経診断


右合谷・N―右申脈・S にて脉締した。

 


腎虚心脾実証」左から全経金穴使用

f:id:kishin-ijutsu:20181004075429j:plain

左復溜穴にステンレス0番五分鍼にて丁寧に補法、その一穴で喉の左側のつば飲み込みが楽になった。

 

次に左経渠穴に浅く補法、右心経の霊道と脾経の商丘に軽く下圧瀉法を加えた。脉状は中位になめらか、且つ平脉になった。

 

陽経の処理、右大腸経・合谷と右膀胱経・申脈に軽く下圧瀉法して「もう一度つばを飲み込んでください」「喉の痛みがまったくなくなり、鼻水も止まりました!」「これで大丈夫ですよ、お大事に」

 

標治法

f:id:kishin-ijutsu:20181004075524j:plain

座位になって背中に手掌軽擦を5〜6回加え、こちらの手に暖かさを感じた段階で終了とする。脉が浮いている場合は、この手掌軽擦は肩風邪の邪を飛ばすのに良い方法である。

初出:2017/09/23

 
最後までお読みくださりありがとうございます

にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

↑クリックしていただけると励みになります

 

www.kishin-ijutsu.com