氣鍼医術症例ブログ〜難経69難本治法の実践日記(はてな版)

脉診流「気鍼医術」創始者で臨床40年、福島弘道先生の直弟子である葛野玄庵による症例ブログです

激痛で動かせない首・背中

32歳女性会社員、鍼は初めてとのこと。起床時から首・背中が激痛で動かせない。なんとか病院に行ったが、痛み止めを処方されただけでこれといった治療はなかった。3日目の今日はほんの少しマシになったが、車の運転は無理。仕事も休んだ、とのこと。

f:id:kishin-ijutsu:20180802063521j:plain

座位治療

首は全く動かない。首・右背中に鈍痛。

 

子午診断

督脈病症に対し、左肝経太衝に金10番鍼で脉締。

f:id:kishin-ijutsu:20180802063554j:plain

奇経診断

右後谿・N―右申脈・Sで脉締。

後谿申脈が交差にならないので何故かなと思って背中を診察したら、Sの字側弯であった。これは過去があるなと思って聞いてみると、今回のような激痛は初めてだが寝違えはよくなりますとのこと。

f:id:kishin-ijutsu:20180802063626j:plain

肝虚肺虚証左同側原穴使用

 

頸椎から胸椎12までの棘突起間の凹みに気鍼①~②の深さで瀉法。

右膀胱経に0番5分の細めの鍼を使用。

初めての患者さんなので灸はなし。

督脈一本テーピングして、プラス冷感シップ貼付。

 

続きます。

 

初出:2017/6/11


最後までお読みくださりありがとうございます

にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

↑クリックしていただけると励みになります

 

www.kishin-ijutsu.com