氣鍼医術症例ブログ〜難経69難本治法の実践日記(はてな版)

脉診流「気鍼医術」創始者で臨床40年、福島弘道先生の直弟子である葛野玄庵による症例ブログです

生後4ヶ月の赤ちゃんに裏内庭のお灸

小児湿疹だろう、と病院に行くと塗り薬が出た。

 

塗り始めるとあれよあれよという間に湿疹は全身に広がり、かきむしりで血まで出始めた。

 

ひどいでしょう、と新米ママは涙目。

f:id:kishin-ijutsu:20180709071649j:plain

治療

小児鍼はスプーンで散鍼を行い、邪気を祓ってから裏内庭のツボを取穴した。 

泣き叫ぶ4か月児、母親に足の指をむんずとしっかり押さえさせての施灸である。左2右3で足の指の力が強かったが、ちゃんと熱かったかどうかわからない。

f:id:kishin-ijutsu:20180709071819j:plain

2回目は絹糸灸。左が3、右が9壮でぎゅーと親指を縮める反応した。アチーという反応であろう。今度はうまくいくだろう。

3回目。案の定、先生、ずいぶん楽になりましたよ、とのこと。かきむしりは残るものの、7割はよくなっている。前回と同じように押さえつけて施灸。左2、右5で泣き叫んだが仕方がない。母親も鍼灸師の卵、納得である。

 

これで治るよ、少し様子見ようか、と終了。

 

初出:2017/03/23

 

最後までお読みくださりありがとうございます

にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

↑クリックしていただけると励みになります

 

www.kishin-ijutsu.com