氣鍼医術症例ブログ〜難経69難本治法の実践日記(はてな版)

脉診流「気鍼医術」創始者で臨床40年、福島弘道先生の直弟子である葛野玄庵による症例ブログです

「聴門の一鍼」ではなく「頂門の一鍼」でした

学のなさを暴露してしまいました。36年間、聴会穴と耳門穴をまとめて「聴門穴」と勝手に思い込み、その上正しくは「頂門の一鍼」なのに先日のブログ

において「聴門の一鍼」と全くの勘違いを書いてしまいました。あらためて訂正させていただきます。

※修正済みです

f:id:kishin-ijutsu:20180629113056j:plain

ことわざの「頂門」とは「頭頂部」のことで頭に鍼をすることで劇的な治療効果を出すことを意味し「物事が劇的に変化影響を受けることのたとえ」を意味します。

f:id:kishin-ijutsu:20180629113136j:plain

先日の「難聴・耳鳴りの症例報告」としては間違ってはいないのですが、上記したように明らかなる知識の誤りがありました。聴会穴・耳門穴周辺に対する刺絡治療であったことに訂正いたします。

ただ皆さんからのご指摘がなかったことが、良かったような悪かったような。

 

初出:2017/02/27

 

最後までお読みくださりありがとうございます

にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

↑クリックしていただけると励みになります

 

www.kishin-ijutsu.com