氣鍼医術症例ブログ〜難経69難本治法の実践日記(はてな版)

脉診流「気鍼医術」創始者で臨床40年、福島弘道先生の直弟子である葛野玄庵による症例ブログです

「魔女のひと突きその後報告」ともう1症例

 

↑ こちらの続きです。

3日目の朝は目覚めてゆっくりと腰を動かしながら傷み具合を確かめた、オーケー、だいぶんいい感じだな。そしてゆっくりベッドから降りて確かめた。8.5割治ってきている感覚。立ち上がり時、右腰に違和感と少しの痛みが出る。トイレに向かった。歩行いい感じ。

  

昨日、難経69難の本治法をやりましたが、治るスピードが実感できる。午前中の仕事も少しの痛みはあったが、現在午後4時の時点で9割方よくなっている感じ。まだ今から7時まで治療があるけど、阿是穴治療を手を後ろに回してやる予定だが、それでさらに良くなるだろう。

f:id:kishin-ijutsu:20180622062405j:plain

今日は生理が始まってますね

女子高校生 17才 

この患者さんは3年前「膜性腎症」で2年がかりで完治させた子供さんだ。病院での診断記録検査記録全部あるので詳細はまた報告するが、すべての治す力は「難経69難の本治法」なのだ。本日は健康法で2週間に1回の来院日だ。

 

いつもは心包虚系が多いのだが、腹気鍼診断で脾虚腎虚証の診断がでた。胃腸の具合が悪いのかなと思って奇経診断で確かめるべく、外関ー照海にNSを添付したが締まらない。

 

「公孫ー合谷かな。だったら胞中に変動だな。」と考えながら添付すると、案の定「公孫合谷グループ」で脉が締まった。

 

「今日は生理中ですね。だから体がだるいんですよ。」「きのうからはじまってます、そんなことも脈でわかるんですね」とお母さんもびっくり。

 

初出:2017/02/11

 

最後までお読みくださりありがとうございます

にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

↑クリックしていただけると励みになります

 

www.kishin-ijutsu.com