氣鍼医術症例ブログ〜難経69難本治法の実践日記(はてな版)

脉診流「気鍼医術」創始者で臨床40年、福島弘道先生の直弟子である葛野玄庵による症例ブログです

軽いギックリ腰〜痛みは軽いが座位のままで

93才 書道家 男性  

「5日前の朝から腰が痛くて立ち上がりがつらいです」

ベッドに座っていただき痛みの動作を確認する。

  1. 前屈動作、右腰部に痛みが増える。
  2. 背屈動作も同じあたりに痛みがある。
  3. 左右廻旋動作は左が強く右腰に響く。
  

治療

 

子午診断

右帯脈(胆経)あたりに対し右の通里で脉締した。ということは、この患者さんの痛みは虚痛である。

 

奇経診断

左臨泣―右合谷で脉締

 

心虚腎虚証右から合水穴

f:id:kishin-ijutsu:20180428083707j:plain

標治法

座位の姿勢のまま後ろに回り患部に補的気鍼①~③の深さで施術する。

灸は督脈上の筋縮から腰兪まで絹糸灸を3壮づつ

 

経過

治療直後、動作確認したが全く正常であった。

 

初出:2016/09/08

 

最後までお読みくださりありがとうございます

にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

↑クリックしていただけると励みになります

 

www.kishin-ijutsu.com