氣鍼医術症例ブログ〜難経69難本治法の実践日記(はてな版)

脉診流「気鍼医術」創始者で臨床40年、福島弘道先生の直弟子である葛野玄庵による症例ブログです

補講(平成29年度第6回目)を開催いたしました

数あるブログの中から、当「氣鍼医術症例ブログ」をご訪問いただきありがとうございます。

 

毎月第4土曜日は受講生・既卒生を対象とした補講です。平成29年度第6回目を開催いたしましたので、本日はその報告をさせていただきます。テキストは当サイト管理人(鍼灸ど素人)が担当いたします。

 

開催日:2017/11/25 

開催場所:漢医堂三ノ宮分院

講師:葛野玄庵・中村泰山

 

左肩の痛みを訴える受講生のモデル治療が行われました。

f:id:kishin-ijutsu:20171224204348j:plain

 

f:id:kishin-ijutsu:20171224204509j:plain

f:id:kishin-ijutsu:20171224204540j:plain

↑奇経鍼法

f:id:kishin-ijutsu:20171224204643j:plain

↑氣鍼医術オリジナル、葛野玄庵が考案した腹氣鍼診断


腹氣鍼診断

 

3日前に自転車で転倒したという受講生、満身創痍という様相を呈していました。

f:id:kishin-ijutsu:20171224205644j:plain

↑ 子午診断

左右の差がないということはまず無いので、その差を見つけられない時は押手の不完全さを疑うこと。

f:id:kishin-ijutsu:20171224205853j:plain

f:id:kishin-ijutsu:20171224210112j:plain

怪我にばかり着目していたら、食べ過ぎの影響による症状を見逃すところでした。

f:id:kishin-ijutsu:20171224210341j:plain

 

 督脈への施灸は内臓を活性化するだけでなく、その場で諸症状が改善されることも多いですが、効果のわりにはあまり実施されていないようです。この日、ひとりの受講生が初めてのチャレンジでした。

f:id:kishin-ijutsu:20171224195551j:plain

馴れない方が多く気にされるのが、艾の分量です。絹糸灸とも言うように、絹糸のように細く紙縒を捻じるようにします。

f:id:kishin-ijutsu:20171224195721j:plain

大きさのほどがお分かり頂けますでしょうか。

 

ツボを探す際の注意事項が2つ。

 

1:圧痛点を探す際、爪を立てると患者はそこを圧痛点と勘違いしてしまいます。

f:id:kishin-ijutsu:20171224201009j:plain

爪が当らない様に指の腹で圧痛点を探ります。

f:id:kishin-ijutsu:20171224202002j:plain

 

2:取穴の際は、ピンポイントに見つけに行くと凹みがわかりにくいので、経絡に沿って流れる様に触ることが必要です。圧痛はひとつの目安なので、凹みを探す作業は丁寧にやること。

 

 最後までお読みくださりありがとうございます

にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

↑クリックしていただけると励みになります

 

www.kishin-ijutsu.com