氣鍼医術症例ブログ〜難経69難本治法の実践日記(はてな版)

脉診流「気鍼医術」創始者で臨床40年、福島弘道先生の直弟子である葛野玄庵による症例ブログです

氣鍼医術臨床講座普通部の第3回を開催

氣鍼医術臨床講座普通部平成28年度 第3回講義

開催日:2016/06/05 於:漢医堂三宮分院

参加者:8名 

講師:中村泰山

f:id:kishin-ijutsu:20180224075254j:plain

・先月も扱った奇経の復習。3群それぞれにどのような特徴があるか、ということの解説。

・テキスト出版物・論文等 - 経絡治療脉診流氣鍼医術に従って、本治法における証決定の第4段階である五行病証診断の解説。

f:id:kishin-ijutsu:20180224075458j:plain

・病症に合わせて五行穴を選び出すことの具体例。

・子午鍼法を行うにあたり必須な押手の実習。

f:id:kishin-ijutsu:20180224075542j:plain

・症状に対してどのツボを選択すべきか、取穴の実習など

f:id:kishin-ijutsu:20180224075612j:plain

・背部氣鍼(標治法)の復習など

f:id:kishin-ijutsu:20180224075637j:plain

・2人ペアになっての子午鍼法の実習など

f:id:kishin-ijutsu:20180224075708j:plain

子午の実習の際、腰の重みがなかなかとれないという受講生があり、講師が診たところ片側の腎臓にあきらかな腫れが。腎臓に石(悪露)が溜まっているであろう症状なので、それに対する本治を行いました。受講生はまだ本治法を行うことはできないので、講師中村泰山が行いました。子午鍼法だけでも十分な結果は出せますが、もちろんそれだけでは対応できない病症については、奇経から腹氣鍼、本治のフルコースが必要となります。

f:id:kishin-ijutsu:20180224075740j:plain

普通部は毎月第1日曜に漢医堂三宮分院にて開催されています。講師は葛野玄庵と中村泰山が交代で勤めます。見学も受け付けています。ご希望の方はお問い合わせくださいませ。

 

開催済講座アーカイブ - 経絡治療脉診流氣鍼医術

 

 

 最後までお読みくださりありがとうございます

にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

↑クリックしていただけると励みになります

www.kishin-ijutsu.com