氣鍼医術症例ブログ〜難経69難本治法の実践日記(はてな版)

脉診流「気鍼医術」創始者で臨床40年、福島弘道先生の直弟子である葛野玄庵による症例ブログです

坐骨神経痛の激痛がたった一度の治療で解消

36歳男性。 

 

「昨日、昼過ぎに左腰から足にかけて痛みが走り歩けなくなった。仕事を中断して帰宅したが、寝ててもだるく痛い」という。10年前にぎっくり腰をやったことがあり、この1ヶ月間腰に痛みを感じながら仕事をしてきたという。

 

座位から立ち上がろうとすると、左尻から足にかけて激痛が走るという。

 

<<奇経診断>>  

右後谿―右申脉

 

<<証>>       

肝虚肺虚証左同側

 

<<標治法>>  

督脈上陥凹圧痛部2か所にステンレス一番鍼で気刺鍼(約5ミリから9ミリ刺入)

f:id:kishin-ijutsu:20180105081321j:plain

その場のベッド座位から立ち上がってもらうと、左足の痛みは消えて臀部に残るだけとなっていた。

 

左夾脊穴に気鍼②~③を補的に散鍼。

 

<<灸>>   

脊椎管上陥凹部に5か所の二壮絹糸灸

 

再度の立ち上がりは痛みなし。「あれ、楽やわ」といって喜んで帰って行った。

 

〜2015年の治療記録より〜

 

 最後までお読みくださりありがとうございます

にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

↑クリックしていただけると励みになります

 

www.kishin-ijutsu.com