氣鍼医術症例ブログ〜難経69難本治法の実践日記(はてな版)

脉診流「気鍼医術」創始者で臨床40年、福島弘道先生の直弟子である葛野玄庵による症例ブログです

素人にもわかる奇経鍼法

数あるブログの中から氣鍼医術症例ブログにお越しくださりありがとうございます。本日のテキストは鍼灸ど素人である氣鍼医術サイト管理人が担当させていただきます。「素人にもわかる子午鍼法」の続きです。

 

管理人(以下、管):磁石貼り付けてるのが奇経をやってる時なんですよね?

 

中村泰山先生(以下、中):そうです

f:id:kishin-ijutsu:20171126180054j:plain

管:そもそも奇経ってなんですか?「奇」って字にものすごいオドロオドロしさを感じるんですが!

 

中:経絡というのは左右対象なんですが、左右対象でない経絡もあるのです。

 

管:というのは?

 

中:正中、つまり真ん中ですが、たとえば背骨、これって左右対象ですか?

 

管:ひとつしかないってことは左右対象じゃないということですか?

 

中:そうです、左右対象ではない経絡を奇経といいます。

 

管:(あとから思った、奇数の奇か、と)

 

f:id:kishin-ijutsu:20171126180249j:plain

中:左右対象なメインの経絡が身体を縦に走っているとするなら、それを横につないでいるのが奇経だと思っていただけるといいですね

 

管:なるほどー、メインに対するサブって感じですか

 

中:そうとも言えますね

 

管:それはすごいわかりやすいです!子午でメインをみて、奇経でサブをみるんですね

 

中:おおまかにはそうです

 

管:鍼灸師さんにとって奇経という言葉は当たり前のものなんですか?

 

中:鍼灸学校でも一応奇経については触れるんですが、ほんの触りだけですね。奇経を全面的に扱ってるとこってあまりないです

 

f:id:kishin-ijutsu:20171126180325j:plain

管:磁石は何のために使うんですか?

 

中:氣鍼医術では、奇経鍼法は正経からあふれた邪をとりのぞくため、と定義されています

 

管:とりのぞくってつまり、瀉(しゃ)ですね?

 

中:そうです、磁石というか金と銀の平鍼ですが、これに邪を流す作用があるのですよ

 

管:治療を受けている最中、パッチンパッチンと音がしてますけど、あれって磁石を貼り付けてる音だったのですね(何をされてるのかわかっていなかった!)

 

中:そうです、N極とS極の場所を左右かえてお脈の変化をみています

 

管:そこでまた、悪いところがより的確にわかるわけですね

 

中:左右対象の正経以外の奇経に現れた症状は、子午ではわかりにくいのですよ

 

管:これは氣鍼医術ならではのものなのですか?

 

中:子午や奇経だけをやってる方はいらっしゃるのですが、それを連動させたのが氣鍼医術のすごいところなんですよ

 

次回こそ補と瀉(しゃ)について