氣鍼医術症例ブログ〜難経69難本治法の実践日記(はてな版)

脉診流「気鍼医術」創始者で臨床40年、福島弘道先生の直弟子である葛野玄庵による症例ブログです

得意中の得意は腎臓結石の痛み除去!

右肩から背中が痛むという40歳女性。1週間前から右肩背中がズキズキと痛むという。肩引き辺りから背中のかけて痛みが移動するとのこと。

動作痛はほとんどない。どうも怪しい痛みである。脉状も革脈を帯び左手関上尺中の診どころが弦脉を帯びたり革脈になったり波打つ感じである。これは胆石か腎石に違いないと直感。問診に入る、「尿量が少ない感じで右腰も時々重い」という。

f:id:kishin-ijutsu:20171124105314j:plain

私の得意治療である腎臓結石の痛みである。右腎臓から尿管そして膀胱へと動く時の反射痛であろう。

 

脾虚腎肝実証右から全合水穴で痛みは7割減、もちろん脉状は弦・革脈共に無くなりやわらかな良脉に近づいた。

 

腎肝実を瀉法したとたんに「あーすっと痛みが消えた」という。やったね!と思っていたらまた少し重みが戻りかけたという。そうそう陽経の瀉法をしていない。左外関左臨泣の銅針瀉法をしたところ即座に重みは消えた。

 

すばらしきかな難経69難。それも相剋調整の片方刺しでないと不可能である。福島弘道先生万歳である。

 

〜2013年2月の治療日記より〜

 

www.kishin-ijutsu.com