氣鍼医術症例ブログ〜難経69難本治法の実践日記(はてな版)

脉診流「気鍼医術」創始者で臨床40年、福島弘道先生の直弟子である葛野玄庵による症例ブログです

風邪が治せるようになれば治療家の仲間入り

55歳女性、フロリダの娘に会いに行く予定だが、風邪気味でと来院。涶のみで右の喉が痛い、咳が少し出る。昨夜ゾクゾクと寒気がして、まずいなと思っていたら朝から頏いた微熱が出始めたという。

魚際穴にステンレス1番鍼をあてながら脉診すると左右差があり、左が脉締するので右申脉―右後谿に平ばりを貼付するとしっかり脉締した。

f:id:kishin-ijutsu:20171124094445j:plain

<<奇経診断>>

以上の診断から自信をもって「肺虚肝虚証左同側」が確定するのだが、5行穴を病症的にどう決定するかが大切である。

通常の風ならば肺経は兪土原穴の太淵穴を選穴するが、喘欬寒熱が激しい場合は経金穴である経渠穴を使用することになる。この患者の症状はさほど咳もなく軽いと考え、太淵に決めてはりをあてたが締まりが悪い。

 

証が違うのか、いやそんなはずはない、、、。

喉の痛みは朝よりきつくなっているとのことで、經金経渠にはりをあてた途端、楽になった、とのこと。

 

全部經金穴をおぎない、終了時には喉の痛みは嘘のようになくなったという。

 

陽経の処理をして返したがとても喜んで帰って行った。

「風邪が治せるようになれば経絡治療家の仲間入りだよ」といっていた師の声が耳の奥で響いたように思う。

 

〜2012年の治療記録より〜

 

今、そこにある痛みを、魔法のように消すことができる

f:id:kishin-ijutsu:20171124094012j:plain