氣鍼医術症例ブログ〜難経69難本治法の実践日記(はてな版)

脉診流「気鍼医術」創始者で臨床40年、福島弘道先生の直弟子である葛野玄庵による症例ブログです

症例

風邪治療の流れ(動画あり)

数あるブログの中から、当「氣鍼医術症例ブログ」をご訪問いただきありがとうございます。 先だっての研究部の講義 テーマは「風邪治療」でした。 風邪をひいたからといって鍼灸治療に来られる患者さんは少ないのが現状でしょう。鍼灸は整形外科的な症状に対…

要注意!頚椎捻挫多発地域!!

たいへん私事ではありますが、管理人Cは昨夜、塚口サンサン劇場にてミッシェルガン・エレファント絶叫上映会に参戦してまいりました。 塚口サンサン劇場。拗らせてるので、いろんな気持ちがぐるぐるしてましたが、ただただずっと大好きだという感情だけが残…

新月発作症候群〜潮の満ち引きと痛みの関係

9月20日(水)は新月であった。19・20・21日の3日間が大潮である。闇夜で潮の干満の差が激しい時である。 大自然に対して小自然たる人間の体調はこうも大自然に影響されるものなのか。 下記症例は予約枠が一杯になっているにも関わらず20日の治療中に劇症発…

アトピー治療そして安産灸

33歳 事務職 初産 男の子 先生、ぽんって生まれました! ぽんてなんなんだ? 全くの安産でした、分娩室に入って15分でした! えー!そりゃ良かった!! 経過 去年の春、全身性アトピーで来院。 身体全身、顔面まで赤くただれ、腹背中もかきむしりシルが出…

この夏流行の「エアコン風邪」

34歳 女性 病院職員 「朝から寒気がして昼には38度の熱、寒気と咳と痰がからみます」「エアコンをかけたまま寝てたせいかしら」と、このところ「エアコン風邪」患者が多い。 腹気鍼診断 壇中・左期門が脉締 中間・気海が革を帯びている 奇経診断 右陥谷…

家族3人そろって「手足口病」

手足口病が保育園男児4歳から母親、そして小学1年生の長女へと感染したという。 経過 まず男児が土曜日朝から微熱、午後から39.2度の高熱発症、母親は月曜日昼から39.5度発症、次いで火曜日朝から長女が39度発熱、それぞれ医療にかかり抗生物質と解熱剤を投…

頸椎ヘルニアの激痛、実は胸椎ヘルニアだった

こちらの続きです。【治療経過】 結論から言うと、9回の治療で「8割以上治ってきた感じです。薬も飲んでいません。」という。つまり予想通り激痛は取れて、ヘルニア症状が消えつつあるという治療結果が出てきた。 6月2日(金)の初診から6月25日(㈰まで1…

神戸風邪

男性 大学教員 62才 「このところ体がだるくて、お酒もうまくないんですよ」 【脉状】浮いてやや数、革を帯びている。 明らかに何かの病因による微熱と肩・首・目が重い病証を思わす脉状である。なぜ微熱・だるさが出たのかの病因は各経絡の虚実診断により判…

「北海道風邪」と「生理前症候群」

33才 女性 病院事務員 「体がだるくてしんどいんです」 北海道旅行から帰って1週間がたっても疲れが取れない。むくんでだるく、朝起きも悪いという。 脉状 やや数、虚にして浮(やや微熱がありだるさありの脉) 腹気鍼診断 下脘・膻中・気海が脉締 奇経診断 …

東京風邪

57才 主婦 「東京で風邪をもらったみたい。頭が重くのどがイガイガする」 娘の様子を見に行くと言っていた女性が東京風邪をもらって帰ってきた早々来院した。 「空気が悪かったのかな?」「そんなでもなかったけど真夏日で油断しました」 脉状 浮にして数 や…

原因不明の強度な難聴・耳鳴りに刺絡鍼法

68才 男性 農業 《主訴》強度の耳鳴りと難聴で医療機関を回ったが全くよくならないとのこと 《経過》証は省くが気鍼医術の治療5回目で耳鳴りが半減し、聞えも少し良くなったという。しかしそのあとが足踏み気味であった。更なる効果を出すためには刺絡が有効…

おめでた!中国夫人からの妊娠報告

中国から不妊治療で来日していたご夫婦から「着床しました」という報告があった。良かった、良かった。 だが、さてこれからが大変なのです。気鍼医術で体調管理して順調にお腹の赤ちゃんを育てていかなければならないのです。 去年9月には3回流産を経過した…

われ未だ術を得ざるなり〜入院を勧めた話

古い患者さんから「叔父が腰を痛めて困っている。トイレには歩いて行っているらしいので、往診を願えませんか?」と依頼があった。善は急げ、その日の夜8時に往診に出かけた。 玄関を開けてすぐに細い急な階段があり、2階にあがった。そこには両膝に両手を…

ボタン鍋にも裏内庭

32才 男性 会社員 「獅子肉をめっちゃ食べ過ぎました」 正月三日の夜、婚約者宅で獅子肉をごちそうになったそう。年末年始飲食過多で、今日こそは胃を休めようと思っていたにもかかわらず断り切れず、ましてや白みそ仕立てでうまかったとのこと。 その日の夜…

その2)月の満ち欠けと適応側の変化

月の満ち欠けが本治法の証適応側に影響を与えることは確かです。 私(葛野玄庵)自身の身体を使って検証した結果を報告いたします。 【主訴】首・背中に重み凝りがある。腰もそらすと痛みがある。 平成28年12月7日は上弦の月(前後3日間は小潮)、前日の朝7…

月の満ち欠けと適応側の変化

拙著「氣鍼医術〜鍼術指南極意」でものべているが、月齢が及ぼす人体への影響は様々な形で現れる。その大きな特徴のひとつが、難経69難本治法の適応側の変化である。 今日は左適応側の患者の証が、満月(大潮)を挟んで右に変化するのである。同病症にもかか…

「刺絡鍼法」は効果抜群の治療法

メニエル症候群や高血圧症、血の道症などで後頭部を中心に重みを感じたりめまい耳鳴りなどを訴える患者さんは多い。この場合後頭部瘂門穴あたりからの刺絡が著効を得る。 39歳 女性 飲食店店員 「右手足のしびれだるさ・動悸・息切れ・めまい・後頭部鈍重…