氣鍼医術症例ブログ〜難経69難本治法の実践日記(はてな版)

脉診流「気鍼医術」創始者で臨床40年、福島弘道先生の直弟子である葛野玄庵による症例ブログです

婦人科(不妊・その他)

生後21日目の散り気のお灸

生まれてホヤホヤの赤ちゃんが、生後21日目に行う「散り気(チリゲ)」のお灸のためにおかあさんと一緒に漢医堂にお越しくださいました。 治療家の先生方には釈迦に説法となりますが、鍼灸に知識のない方のためにちょっと説明を。 生後21日目の赤ちゃん…

おめでた!中国夫人からの妊娠報告

中国から不妊治療で来日していたご夫婦から「着床しました」という報告があった。良かった、良かった。 だが、さてこれからが大変なのです。気鍼医術で体調管理して順調にお腹の赤ちゃんを育てていかなければならないのです。 去年9月には3回流産を経過した…

東洋医学の本場中国からの患者さんを治すお江戸の鍼技術

数あるブログの中から当「氣鍼医術症例ブログ」をご訪問いただき、ありがとうございます。 本日のテキストは、ブログ管理人Cが担当いたします。 管理人はこの4月から鍼灸学校に入学し、漢医堂で研修生をさせていただいています。葛野代表の間近での臨床体験…

無事、出産しました

23日に出産予定だった39才初産の妊婦さんからメールが届きました。 先生こんばんは!10月22日 4時42分無事に出産しました。 赤ちゃんがとにかく元気です。 このかたは5回の移植に失敗してあきらめかけていたのを、経絡を整える鍼灸をやってみてください…

不妊症―難経69難の本治法の出番

中国から不妊治療の患者さんが来院。 日本で体外受精の治療を受けているのだがうまくいかないという。今回は10日間だけの滞在であるが来月再来日して本格的に鍼灸治療を受けながら採卵・移植に挑戦したいという。 4か月前当院の鍼灸治療で流産癖の中国人患者…

安産記事2本

▷三陰交は安産のツボ(初出:2016/09/25) 「先生、来週から臨月に入ります」と大きなおなかを抱えてその患者さんはニコニコしながら報告してきた。確か10月23日が予定日だ。赤ちゃんは順調に育っている。 「昨日病院で映像を見せてもらったら赤ちゃんカ…

下痢はつわりの一種だった!

看護師 34歳 待望の赤ちゃんができたのはいいが、妊娠8週目ころから下痢が止まらない。食べ合わせなど思い当たる食中毒関係はない。はたして自分で調べてみると、なんとつわりのひとつではないかという結果にたどり着いたという。でもって、どちらにせよ鍼灸…

妊産婦さんの風邪

妊娠中に風邪が入った時には医師も新薬は薦めない。私はあまりに危険だから飲んではいけないと考えている。妊婦さんが風邪をひいたら「気鍼医術」の出番である(妊娠中の漢方風邪薬は桂枝湯と咳き込めば麦門冬湯が安全だといわれているが、われわれは専門外…

妊婦さんに共通するもの

「先生2.5センチでした。反りかえるような姿が見えました」と言って嬉しそうな笑顔が印象的な37歳の患者さん。不妊治療で最後のチャンスだと採卵して、やっとのことで無事妊娠したのである。 漢医堂創立以来、39人目(※平成26年現在)の赤ちゃんという…

安産のための氣鍼医術

「明日から12週に入ります。34.2ミリでした」と32歳の妊婦さん。この患者さんは1週間に1度安産に向けて気鍼医術を継続している。体外受精の妊婦さんの場合、特に妊娠初期は注意が必要であり流産の恐れが高い。 こんな時こそ「難経69難の本治法」の出番で…

産婦人科処☆漢医堂

2月20日土曜日、はり医術処・漢医堂はまるで産婦人科であった。 妊娠中で安産治療患者さんが2人、不妊治療が2人、そして不妊治療見事成功で生まれた生後6か月の赤ちゃん連れが1人と、まるで産婦人科医院の待合室の様相を呈していた。 赤ちゃんを抱いた患者…