氣鍼医術症例ブログ〜難経69難本治法の実践日記(はてな版)

脉診流「気鍼医術」創始者で臨床40年、福島弘道先生の直弟子である葛野玄庵による症例ブログです

2018-07-04から1日間の記事一覧

「肺虚の風邪」患者が多いのはなぜ?

【症例その1】69歳男性 主訴:朝から目の奥が重く、肩が凝りしんどい 腹気鍼診断:中脘・下脘が締まり、巨闕・左期門が革脉を帯び浮いた。 奇経診断:左申脈・N―左外関・Sで脉締。 証:肺虚肝心実証右から 【症例その2】小学2年生 男子 主訴:昨夜か…